Top >  エンダモロジーとその他の効果 >  エンダモロジーとメソセラピーの違い

スポンサードリンク

エンダモロジーとメソセラピーの違い

エンダモロジーのように、脂肪やセルライトを除去する施術法としてメソセラピーという方法があります。カーボメッドと同じように、メソセラピーは注射療法になります。カーボメッドの場合は炭酸ガスの注入となりますが、メソセラピーはビタミンや植物性のエキスを施術部位に注入しセルライト除去などの改善を行ないます。メソセラピーは、別名脂肪溶解注射とも呼ばれおり、異物を体内に注射するという、エンダモロジーと違う手法です。
メソセラピーは脂肪細胞を注入した溶剤によって融解し、体外に排出するという脂肪対策治療法です。肥満の元となる脂肪細胞・セルライトを体外に排出するため、脂肪吸引と同じようなリバウンドの少ない部分痩身の効果が得られます。しかし、一回に注入できる量は決まっており、効果が得られるのは大体10平方センチメートル以下で、おおよそ食パンの3分の2程度の面積です。そのうえメソセラピーで効果を実感できるようになるまでは数回の施術が必要とされています。このためメソセラピーだけでなく、エンダモロジーなどと組み合わせをおすすめします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 メソセラピーの効果とは  |  トップページ  |  次の記事 カーボメッドの効果とは  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「エンダモロジー効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。