Top >  エンダモロジーとその他の効果 >  コスメカニックとエンダモロジーの違い

スポンサードリンク

コスメカニックとエンダモロジーの違い

コスメカニックとは、フランスのLPG社が開発したフェイス用マッサージ器です。セルライト除去用のエンダモロジーを開発した、LPG社でもあります。そのため、エンダモロジーの技術が活かされていて、施術が難しいといわれるバンスモンマッサージを施す事ができるマッサージ器なのです。
バンスモンマッサージは、非常に技術のいるマッサージ法で人の手によって行われています。また、熟練したマッサージ師でも大変なマッサージ法で、神経の集中と持続する力が必要です。
しかし、コスメカニックはこのバンスモンマッサージを再現、今までのLPG社の技術と研究と集められたデータを下に、疲れを知らない機械によって、効果的にバンスモンマッサージを施せるようになりました。コスメカニックは安定的に皮膚の真皮層までストレッチマッサージを、LPG社の世界特許取得トリートメントヘッドとフラップで施します。これにより、肌の成分を補充し、肌の質を変えてゆき、肌に正常な再生を促します。また、体液の流れを良くし、皮脂腺や汗腺の分泌を正常化と、肌のトラブルの解消が期待できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 バンスモンマッサージとエンダモロジー、効果の差は?  |  トップページ  |  次の記事 エンダモロジーとコスメカニックの効果  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「エンダモロジー効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。