Top >  エンダモロジーとその他の効果 >  バンスモンマッサージとエンダモロジー、効果の差は?

スポンサードリンク

バンスモンマッサージとエンダモロジー、効果の差は?

エンダモロジーを開発したLPG社が作り出した、リフト6やコスメカニックなどを取り入れた施術をするのが、バンスモンマッサージです。
1907年にフランスのジャッケ博士により、バンスモンマッサージは開発されたといわれています。このバンスモンマッサージは、シワやたるみを取るためのマッサージ法なのですが、当初、「革命的スキンケアテクニック」と呼ばれていました。事実、いろいろな肌のトラブルに対応できる画期的なものでした。
バンスモンマッサージの方法は、皮膚を様々な角度からつまみながら施すマッサージです。皮膚をつまむと、皮膚の真皮層、さらに筋肉まで効果を及ぼす事ができるのです。そのため、血流やリンパ液の流れが改善されます。
この体液の流れが改善されると栄養素が行き届き、老廃物が排出されやすくなるです。そのため、非常に効果が高いマッサージ法であると、バンスモンマッサージはいえるでしょう。しかし、バンスモンマッサージは高度な技術が必要で、かなりの集中と力が必要とされます、そのためマッサージを施す側は疲労が激しいといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 セルライトとは何か?  |  トップページ  |  次の記事 コスメカニックとエンダモロジーの違い  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「エンダモロジー効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。