Top >  エンダモロジーとは >  セルライトと食塩と水の関係は?

スポンサードリンク

セルライトと食塩と水の関係は?

セルライトが作られにくい身体を作るには、脂肪細胞を作らない食事をする事‥つまり脂肪分・糖分などを減らすのです。さらに、塩分も気をくばります。塩分は身体に水分を溜めてしまうのです。水分がたまると冷え性になります。次に代謝が落ちて、体液の流れが悪くなります。そしてセルライトの原因となるのです。そして、水分を大体1日1.5~20.リットルくらい飲みます。水分は、老廃物を上手く体外に排出するためのものです。
また、老廃物は尿だけでなく、便によっても排出されるのです。そのため、便秘になると代謝が落ちて、これもまたセルライトの原因となります。食物繊維をとり便秘を防ぎましょう。
そしてまた、代謝機能を高める食材を摂ることも有効です。唐辛子やしょうがなど、カプサイシン成分は、身体を温める働きがあり有効です。ビタミンBの働きが基礎代謝を促進するのは大きいとされます。いろいろな種類があるビタミンBですが、特にB12の量がビタミンB群の働きを左右されるといわれています。ビタミンB群は、納豆、玄米、レバー、大豆、豚肉などに含まれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 セルライトは運動不足から?  |  トップページ  |  次の記事 セルライトを作らない食生活とは?  > 

         

スポンサードリンク

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「エンダモロジー効果!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。